スポンサードリンク
TOP 成分と効用 >めかぶに含まれるフコイダン効果

めかぶに含まれるフコイダン効果


めかぶに含まれるフコイダンという物質が近年注目され始めています。


めかぶや、もずくなどといった海藻類に多く含まれるフコイダンは、健康を扱うテレビ番組などで紹介され、一躍有名にもなりました。

めかぶなどに含まれるフコイダンの効果で注目度の高いのは、ガン細胞に対する効果ではないでしょうか?


フコイダンはガン細胞に対してアポトーシス(自殺)させる効果があるという研究結果まであるのです。

このほかには生活習慣病全般(肝機能改善、血圧上昇を抑える、抗菌作用、アレルギーを抑える、コレステロールを下げる、中性脂肪を下げる、胃潰瘍の治療、便秘解消、ダイエット)に効果的があり、免疫力をも向上させるという。


このフコイダン、海藻なら何でも良いというわけではなく、たとえばメカブはワカメの一部ですが、わかめの部分よりもめかぶに非常に多く含まれているのです。

フコイダンを摂取する際、めかぶなどはそのまま食べる場合が多いのですが、熱に弱いという反面もあります。

しかし、通常の加熱調理の範囲ならば、問題ないという見方もあります。

さらに、フコイダンを抽出したサプリメントなど、分子状態にも「高分子」と「超低分子」があり、長低分子にすると吸収が良くなる反面、分子の結合が弱まって効果が下がるということもあります。


しかし、めかぶを食べることでこれらの効果効能を得られるのであれば、毎日の食卓に取り入れてみるのもいいでしょう。



posted by めかぶちゃん at 22:00 | 成分と効用
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。