スポンサードリンク
TOP めかぶについて >めかぶ秘密の栄養素とは

めかぶ秘密の栄養素とは


めかぶにはワカメと比べると栄養素が凝縮されて詰まっているので栄養価が豊富です。

みなさんメカブがワカメの子供だということをあまり知らないせいでしょうか?

めかぶは、わかめの付着器の上にある、葉状部の中で厚い折れ重なってひだ状になった部分です。

わかめの生殖細胞が集まったところで、成実葉や胞子葉に相当します。

ワカメは海藻なので根ありませんが、ワカメの根元部分と表現されることもしばしば。


そしてめかぶ最大の特徴は、ねばねばですね?

このネバネバ(ヌメリ成分)の正体がフコイダンアルギン酸と呼ばれる食物繊維で、様々な健康効果が認められて大注目の物質です。

フコイダンは、部分的に硫酸化されたフコースを主成分とする酸性多糖類の総称で、海藻の褐藻類に含まれる特殊な多糖体で水溶性の食物繊維です。

海藻によってその構成糖や硫酸化度は異なってきます。

他の多糖類とフコイダンの大きな違いは、特有のヌメリ成分に含まれる硫酸基が34%以上と多く含まれていることです。(ちなみにオキナワモズクでは10%前後です)


メカブフコイダンはモズクフコイダンと比べ、フコースとともにガラクトースが構成糖に多く含まれることに加え硫酸基が多いことが特徴です。

フコイダンの健康効果を得ようとめかぶを毎日の食卓に取り入れるよりは、大変なので最近ではサプリメントでの摂取という形に変化してきているようです。



posted by めかぶちゃん at 07:08 | めかぶについて
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。