スポンサードリンク
TOP> メカブフコイダンについて

良いフコダインサプリメントの選び方


めかぶの成分、フコイダンには強力な抗がん作用が認められています。

抗腫瘍作用といい、アポトーシス誘導(癌細胞のみを自然崩壊させる)作用や、血管新生抑制、免疫力強化作用のことを言います。


このほか、フコイダンには血糖値上昇抑制効果や、コレステロール抑制効果、血液凝固抑制効果(動脈硬化を抑制する)、胃壁防御作用、ヘリコバクターピロリ菌排出効果、整腸作用、血圧上昇抑制効果(むくみを抑制)、抗アレルギー作用、抗ウイルス、抗菌など、抗酸化作用(活性酸素除去)、中性脂肪抑制作用、肝機能向上作用、育毛作用、抗HIV作用、ダイエット効果。。。、と挙げればキリがないほどです。


このようなフコイダンの効果を手軽に得られるのが、めかぶを食べるよりもフコイダンのサプリメントを摂るほうが手軽では?と思いませんか?


しかしフコイダンサプリメントは様々な種類があって、どれが良いのかなかなか分かりにくいのが現状です。

フコイダンの分子量が大きく、吸収しにくいという理由で低分子化されていたりしていますが、どちらの吸収率も同様という結果も一部では出ていて、両方の分子が入っている両分子フコイダンサプリメントというのもあります。

また、液体の方が吸収が良いとの意見もありますし、高額だから質が良いとは限らないとも言われます。



posted by めかぶちゃん at 21:02 | メカブフコイダンについて

フコイダンで代替医療をするときの注意点


めかぶなどの海藻類に多く含まれるヨード(ヨウ素とも言っています)は人間の身体には必要なミネラルです。


人間の身体では、ほとんどが甲状腺に集中して存在していて甲状腺ホルモンの構成成分としてとても大切な役割を持っています。


ワカメでは100g中に、約8000μgものヨウ素(ヨード)含有量があり、元々昔から海産物を主とした高ヨウ素の伝統的食習慣をもつ日本人にはヨウ素の摂取不足はほとんど無いともいえます。

逆に過剰摂取が心配で、ヨウ素の摂取を目的としたサプリメントを飲むときは注意が必要です。

甲状腺炎、ハセドウ病、橋本病などは、ヨード摂取量の制限があることでしょう(バセドウ病はよく耳にする病名なので有名ですね)。


これらの病気には女性が多く、女性の20人に1人または2人がヨウ素を過剰摂取してはいけない疾病を持つといわれています。


がん治療の中でヨードに抗ガン剤を入れて行う治療を行っている人も、ヨード制限が必要な場合があります。

代替医療としてフコイダンなどを用いての治療方法など存在しますが、メカブやコンブ由来のフコイダンには多くのヨードを含むので注意が必要とされるそうです。

逆にモズクにはヨードは微量して含まれていませんので、フコイダンの原料としてモズク由来のものは、ヨウ素摂取量の制限がある方々であっても安心して飲用できます。


フコキサンチン、L-フコースなどフコイダンの成分を分離し、CCKや他のものを別途配合して製品に使われているものの多くは昆布(ダービリア)ですので注意が必要です。


ちなみに、かつおぶしにはヨード含有量がほとんど含まれていないそうで、だし汁をとるときは安心ですね。

posted by めかぶちゃん at 09:00 | メカブフコイダンについて

めかぶで体臭解消


体臭口臭があるのは、本来食べたものなどが腸で消化吸収されるはずが、消化しきれずに残った匂い成分が血液の流れにのって全身を巡り、肺で呼吸する際に呼気(息)に混じってしまったり、汗の成分に混じってしまったりして起こります。

本来であれば、腸で出来た臭いは便として体外へ排出されます。

全ての臭いが大便にはならないので、残りは肝臓で分解され無臭化されて尿などになって、やはり体外へ排出されます。


身体が酸化すると匂いが出やすいそうで、肉類中心の食生活や肝臓などに負担がかかりやすいインスタント食品や酒類を多く摂る現代人独特の食生活では、すぐに身体が酸化=臭い血液になります。


しかし、身体の機能が(一時的にせよ)正常でない場合でも、どうしても臭くなったりするのですが、そういう場合に、メカブに含まれるある成分が効果を発揮してくれるんです。

めかぶに含まれる”ある成分”とは”、海藻類のヌメリ成分であるフコイダンです。

フコイダンは、体内でアンモニアや硫化水素といった匂いの成分をヌルヌルで包み込み、体外に排出してくれるという作用があるんだそうです。

口臭や体臭が著しくひどい人達に毎日メカブ100グラム(約2パック分です!)を食べてもらったところ、1週間で正常な匂いのレベルまで下がったという実験結果もあります。

メカブを食べ続けるのは苦痛!なんて人は、フコイダンのサプリメントもあるので検討してみては?

posted by めかぶちゃん at 20:32 | メカブフコイダンについて

めかぶパワーの源はフコイダン


めかぶにはガン細胞を自殺に追い込む作用を持つ、フコイダンという物質が多く含まれていることで注目されています。


実は、メカブ自体が注目されているというより、フコイダンが注目されているような感じです。


そのフコイダンですが、癌細胞を自殺させる作用(アポトーシス作用)はもちろんですが、正常細胞はより強くするという優れた作用が特に注目されているようです。

フコイダンには、ガンが作ろうとする新生血管生成を抑制する働きや、全身の免疫力の多くを司る腸管免疫を上げる(腸内異常発酵を抑制する)という作用や、継続して摂取し続けることで免疫力自体を上げる(NK細胞の活性化)という働きがあるのです。


これだけでも凄いことなのに、まだまだフコイダン効果はたくさんあり、

 コレステロール値を上昇するのを抑制

 血糖値が上がるのを抑制

 中性脂肪を抑制する

 抗アレルギー作用

 血液が固まってしまうのを止める凝固阻止作用

 血圧上昇抑制作用

 潰瘍の治療促進を促す

 抗ウィルス・抗菌作用

 抗酸化作用(活性酸素などを除去する作用)

 肝機能向上効果

 ピロリ菌感染阻止&排出(除去)作用

 育毛効果

 保湿作用

等々。


数あるこれらの働きが、生活習慣病やアレルギー疾患(アトピー、喘息、花粉症など)にも効果を発揮するというのです。

めかぶに多く含まれているというフコダイン、食べない手はないですね。。。

posted by めかぶちゃん at 15:12 | メカブフコイダンについて

メカブで花粉症対策ができるか


めかぶに豊富に含まれる食物繊維の一種であるメカブフコイダンやアルギン酸は、余分なコレステロールや脂肪、糖、塩分などを体外へ排出する役割があります。

また、注目するべき効果に春先にシーズンをむかえる花粉症対策にも良い効果がある、という研究報告もあるようです。

もちろん食物繊維なので、ダイエットや便秘の解消にも役立ってくれることでしょう。


めかぶなどの海草類にはアレルギー反応を抑制し、免疫力を高める働きがあります。

免疫機能のバランスを調整し、インフルエンザ予防作用や花粉症の症状緩和に効果があるとか。

めかぶに多く含まれるフコイダンには免疫細胞であるナチュラルキラー細胞(NK細胞)を活性化させることで注目を集めているほどです。

つまり海草類(藻類)にはがん細胞の抑制(アポトーシス作用)や悪玉 コレステロールを減らす効果や効能もあるということで、健康維持には欠かせない食材となりそうですね。


めかぶを刻んで叩いて細かくすることで硬い細胞膜が壊れ、外からも中からもネバネバ(フコイダンやアルギン酸)が出て、余分な脂肪や糖分を吸着してくれるので血糖値コントロール以外にも健康効果がアップすると言われます。


メカブのヌルヌル成分フコイダンは、免疫力を高める効果があるので、ニキビや吹き出物の出やすい体質の改善や花粉症にも有効とされています。

posted by めかぶちゃん at 11:39 | メカブフコイダンについて

めかぶフコイダンの効果と効能


めかぶのヌルヌル成分が身体に良いとして健康食品としてよく知られています。

めかぶに含まれているヌメヌメ成分は、フコイダンと呼ばれる物質で、様々な効果・効能を持つ物質として注目されています。


その中の一つに癌治療という効果もあるのです。

めかぶ等に含まれるフコイダンは、正常細胞にほとんど影響を与えず、がん細胞だけを崩壊(アポトーシス)させる作用があるという研究成果が発表されています。

アポトーシスとは自己崩壊という意味で、ガン細胞の増殖をさせないことになります。

癌につきものの血管新生と転移を抑制する効果もあり、更に、免疫力を高める効果も期待できるので、従来の治療法とは少し違った治療方法といえるでしょう。


フコダインが代替療法のなかでも高い評価を得て、多くの医師がガン治療の現場にフコダインを取り入れているのも実情のようです。

がん治療の面で、患者の身体に負担が少ないフコイダン。

めかぶにはこのフコイダンが含まれているので、毎日、とまではいかなくても少しづつで良いので食べ続けることが健康の秘訣となってきます。


ヌルヌル&ヌメヌメが苦手な人は苦痛で仕方ないかも知れないですが、サプリメントとしても出回っているので、購入してみるのも手ですね。

posted by めかぶちゃん at 14:45 | メカブフコイダンについて

めかぶ(海藻類)の効能


めかぶわかめの子供です。

わかめの生殖器にあたる部分を「めかぶ」といいます。

めかぶを食べることで得られる効果効能は凄いです。


全般的に海藻類が同様の効能をもたらすのですが、その訳が共通した成分として含まれている、水溶性食物繊維であるフコイダンという物質です。

フコイダンは近年特に注目を集めるようになっていて、医学界でも注目されています。


その効果効能の中で際立つのが、抗ガン作用でしょう。


医学の世界では抗ガン物質として抗ガン剤を患者に投与しますが、元々癌細胞は自分自身の細胞が変異したものなので、劇薬物を投与すれば当然自分の身体にも大きなダメージを負います。

いわゆる副作用というやつです。


めかぶなどの海藻類に含まれるというフコイダンの抗ガン力は、一般の抗がん剤よりも効果が大きいとまで言われるほどなのに、抗がん剤と違って副作用の心配もしなくて済むのです。

そのほかの大きな効能として、免疫力の向上も注目すべきでしょう。

めかぶフコイダンはNK細胞(ナチュラルキラー細胞)を活性化させ、自己免疫力を向上させるという効能があるのです。


免疫力向上がもたらす身体への恩恵は計り知れないものがありますね?


posted by めかぶちゃん at 17:07 | メカブフコイダンについて

めかぶのヌルヌル成分フコダインとは


めかぶや、もずくなどのヌルヌルやネバネバが身体にとても良いことはよくご存知だと思います。

昔からヌメリのある食品は健康に効果があると言われてきました。


めかぶのヌメリはフコイダンという物質です。

フコイダンは水溶性の食物繊維で、硫酸基を含む硫酸化多糖体というものです。

フコダインは様々な効果をもたらします。


とてもたくさんの効果があるので、フコダインの効果を一覧にします。


 ガン細胞の死滅作用(アポトーシス作用)

 コレステロール低下作用

 血糖値抑制作用

 中性脂肪抑制作用

 抗アレルギー作用

 高血圧降下作用

 血液凝固阻止作用

 抗酸化作用

 抗ウイルス作用

 抗菌作用

 肝機能向上作用

 ピロリ菌阻止作用

 保湿作用

 育毛作用

 整腸作用

 ダイエット(肥満予防)作用


特に抗ガン作用のパワーは、一般に治療に使用される抗がん剤の力を上回るとも言われるほどです。

抗ガン剤には副作用がありますが、メカブのフコダインは自然の食品ですから心配もありません。

フコイダンの効果を見てみると分かりますが、これらの予防効果は、多くは生活習慣病の予防にとても優れています。


食生活の乱れた現代社会においては、フコダインを日常の食事に積極的に取り入れていくのがいいのではないでしょうか?

posted by めかぶちゃん at 16:26 | メカブフコイダンについて

高血圧にはめかぶ?


高血圧、つまり血圧の上昇と深い関係があるのがナトリウムです。

(ナトリウムといえば、食卓塩です、食塩と食卓塩は似て非なるものです)

ナトリウムは主に食事等から摂取されますが、塩分の過剰摂取は血圧の上昇の原因の一つです。


我々の体内ではナトリウムとカリウムが均衡を保っています。

ナトリウムとカリウムのバランスが崩れると高血圧になりやすいのですが、血圧の上昇を抑制するためには、体内の余分なナトリウムを体外へ排出することが必要です。


そこで、めかぶやもずくに含まれるフコイダンという多糖類(水溶性食物繊維)なのです。

めかぶに含まれるフコイダンには、小腸でナトリウムを吸着し、便として排出する働きがあるのです。

フコイダンによって身体から余剰なナトリウムが排出されると、ミネラルバランスが整い細胞の浸透圧や水分量が正常範囲に納まり、結果として血圧の上昇が抑制されることになるのです。


高血圧の原因のひとつに、ナトリウムの過剰摂取が体内の水分量を増やすことで、その濃度を下げようとするので、血流が増えます。

ナトリウムは交感神経に作用し、抹消血管を収縮させる働きもあるため、これらの相乗効果で高血圧になると考えられるのです。


めかぶなどに含まれるフコイダンはこんなところでも健康に役立ちますね。

posted by めかぶちゃん at 21:53 | メカブフコイダンについて

めかぶの抗エイズ効果


めかぶと言えば健康食の代名詞のような食材として認識されていますね?


めかぶの身体に良い、効果が高いと言われる成分の中でも突出していると言えるのが、フコイダンとアルギン酸という酸性多糖類と呼ばれるものです。

フコイダンとアルギン酸は身近な表現では(水溶性)食物繊維と言えばお分かりになるでしょうか?


フコイダンやアルギン酸には免疫力を向上させるといった特徴があり、体に侵入したウイルスを撃退し、胃潰瘍や胃ガンの原因の一つであると疑われているピロリ菌が胃壁にくっつくのをブロックする働きもあります。


そして、フコイダン、アルギン酸にはなんとエイズウィルスに対しても効果がある(インビトロ(試験管内試験) で、エイズウイルスの増殖を阻止する)という報告もあるのです。


フコイダンなどがガンに対してなぜ有効なのか等のメカニズムについては、さまざまな見解があります。

ガン細胞の増殖を抑制するインターフェロンの生成を促すという説、異物である酸性多糖類を食べて活性化したマクロファージ(免疫関連細胞)がT細胞などの免疫専門の細胞を刺激して、ガン細胞を殺すという説、癌細胞を自殺(アポトーシス)させるなどもあったりです。


当然抗ガン剤のように薬物ではなく、自然のものですので副作用は心配ありません。

芽かぶを積極的に食べて、体の免疫力を高めましょう。


posted by めかぶちゃん at 22:50 | メカブフコイダンについて
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。