スポンサードリンク
TOP> 成分と効用

めかぶもダイエットレシピに組み込もう!

めかぶを食べることで受けられる最大の恩恵(メリット)といえば、あのヌルヌルネバネバの中に含まれるフコイダンアルギン酸フコキサンチンという成分で様々な効果や効能があるからです。

特に、めかぶに含まれるフコイダンには抗がん作用をはじめ、ほとんどの生活習慣病の改善(血糖値やコレステロール値、血圧など)に期待がもてるとあれば、食べないほうがどうかしています。

加えて便秘改善効果ダイエット効果若返り効果活性酸素抑制作用)まであるというなら尚更です。


但しこれらの効果を期待できるのは、毎日めかぶを食べ続けて、メカブフコイダンをきちんと摂取している場合だとか…。


しかし毎日めかぶを食べるとなると、食べ方が問題です。

幸い、メカブレシピはたくさんあります。

毎日違った食べ方であれば大丈夫な気もしますが、やはりどうしても同じような食感や味になりがちです。

どうしても飽きてきたり、めかぶを調理すること自体が大変な労力となってしまって見る気さえ嫌になっていくのでは本末転倒です。

そんなときには手軽にメカブフコイダンを摂ることができるサプリメントがいいですね?

以前であれば十分な栄養素が摂取できる量でも、現代食では、その時と同じ量なのに、なかなか栄養素の充足が難しい場合(ほとんどの食品が栄養素の含有量が減っているそうです)はサプリメント(栄養補助食品)という形で足りない分を補えば良いですね!

サプリメントで摂れば、毎日めかぶを調理する手間も省けそうです。

そして、サプリメントならば、味に飽きるという問題はありませんね?

デメリットは、少しお金がかかることですが…。




posted by めかぶちゃん at 16:50 | 成分と効用

両分子フコイダンとは


両分子フコイダンとは、飲用摂取後に胃までの吸収力が高い低分子フコイダンの特徴と、さらに奥の大腸小腸まで届く力に優れた高分子フコイダンの両方の特徴を兼ね備えたフコイダンです。

フコイダンのもつアポトーシス誘導作用が、ガン代替医療に利用されるようになってフコダインは注目されるようになりました。


このフコイダンを多く含む食品が、私たちの身近なところにあります。

それが芽かぶ(メカブ)です。

めかぶはワカメの根っこの部分で、めかぶ納豆、めかぶとろろ丼など・・・、ネバネバが魅力のメニューがたくさんあります。


めかぶに多く含有されているフコイダン、アルギン酸といった酸性多糖類がガンに対して有効とされるのです。


なぜ有効なのという見解は色々あるようですが、ガン細胞の増殖を抑制するインターフェロンの生成を促すという説や、異物である酸性多糖類を食べて活性化したマクロファージ(免疫関連細胞)がT細胞といった免疫細胞を刺激して免疫力を高め、ガン細胞をやっつける・・・、と様々です。

しかも抗がん剤のように副作用の心配はないので、メカブフコイダンを摂らない手はないですね!


がん治療の代替療法としてフコイダンを使用する場合は免疫力を高める効果のあるサプリメントとフコイダンの組み合わせが効果的ということです。

posted by めかぶちゃん at 08:55 | 成分と効用

めかぶの食べ方はコレで決まり!


最近注目の食材といえば、めかぶです。

めかぶがなんで注目されているかというと、メカブのヌルヌル成分、いわゆるヌメリ成分に含まれているモノにとんでもない力があるからなんです。


メカブのヌルヌル成分とは、フコイダン(fucoidan)という硫酸化多糖体の一種で水溶性食物繊維なのですが、フコイダンには健康維持に欠かせない効果や効能がたくさんあるのです。

フコイダンの代表的な効用には、コレステロールや中性脂肪、血糖値の低下、肝障害の改善、抗がん作用、ピロリ菌の抑制、抗アレルギー作用など、生活習慣病(成人病)といわれているほとんどの症状を改善してくれる大変優れた成分です。

その中でも特に顕著な効果があると考えられているのが、抗がん、制がん作用です。

動物実験の結果、フコイダンは、免疫力増強(ナチュラルキラー細胞の活性化)することがわかっています。


それほどの効果をもたらす食材であれば、食べてみたいと思うのですが、フコダインは生活習慣病に特に効果がある、つまり食生活の改善が必要。

ということは、めかぶは毎日継続的に食べ続けることが必要となりますね?

しかし、そんなに毎日メカブばかり食べられない!なんて人も多いのではないかと思います。


そこで、画期的な食べ方(摂取方法)があります。

めかぶの成分フコイダンのサプリメントを飲むことです。

しかも低分子化されたサプリメントの方が吸収率が良いそうなので、加工方法にはこだわりましょう。

安いものから高価なものまであるフコイダンサプリメントですが、安いだけでは・・・、ですね?

posted by めかぶちゃん at 18:24 | 成分と効用

めかぶに含まれる食物繊維の力


めかぶには身体が必要とする様々な栄養素がたくさん含まれています。

その中のひとつに、メカブフコイダンという食物繊維が挙げられます。


フコイダン(fucoidan)どいうのは硫酸多糖の一種で、昆布やわかめ(メカブ)、もずくなど褐藻類の粘質物(ねばねば成分といえば分かりやすいでしょう)に多く含まれています。

似たような物質としては、ナマコなどの動物からも見つかっているようです。


めかぶに多く含まれるフコイダンの効果は免疫力増強作用以外にも、抗腫瘍作用、コレステロールや中性脂肪の低下作用、胃粘膜の保護作用、肝機能改善作用、抗酸化作用など多岐にわたっていることが、様々な研究や臨床試験によって確認されてきています。


生活習慣病をはじめ、色々な疾患の予防や症状の改善、代替医療の現場などへの利用も始まっているということ。

免疫力の活性化(NK細胞の活性化)の効果は、インフルエンザや花粉症などのアレルギー疾患への対応も出来るようで、多くのサプリメントなどの健康食品が販売されているのも事実です。


めかぶはスーパーなどでも簡単に手に入る食材ですし、毎日の食卓に並べるのも工夫ひとつで違和感なく取り入れることも出来るので、より多くのメカブを摂取して健康な身体を維持していきたいものですね?

posted by めかぶちゃん at 20:43 | 成分と効用

フコキサンチンの抗肥満作用効果


めかぶにはフコキサンチンという成分が含まれています。

このフコキサンチンは、わかめにも含まれていますが、フコキサンチンとは海藻中に含まれる多機能性カロテノイドです。

カロテノイド?といわれてもピンと来ないかも知れませんが、β-カロテン(β-カロチン)と言えば何となく聞いたこともあるでしょう。

フコキサンチンはベータカロテンと並び自然界に最も多く存在するカロテノイドといわれます。

めかぶに含まれているフコキサンチンには、抗肥満活性、つまり肥満予防効果が明らかになっているのです。

めかぶに含まれる褐色の色素であるフコキサンチンが、白色脂肪組織に含まれ脂肪の酸化およびエネルギーの熱変換を促すたんぱくを刺激し、脂肪燃焼を促進させるのでは?といいます。

マウスの実験では10〜15%程度の体重減少が認められるようです。


対人間では、既にフコキサンチンを利用したダイエットサプリメントが商品化されています。

ただし、かなり高額で評価も現段階ではまちまちなのですが、まだ市場的には浸透していないので評価数も少ないのが原因ではないかと…。

この手のダイエットサプリメントですが、これだけで痩せようなんていうのは虫が良すぎます。

いくらフコキサンチンが優れているとしても、それ以上に食べると当然痩せないので注意しましょう。

posted by めかぶちゃん at 11:18 | 成分と効用

ラミニンの血圧降下作用とは

メカブに含まれる成分の中に、ラミニンがあります。

ラミニンは昆布類に多く含まれていて、アルギン酸やフコダインと一緒でめかぶ特有のヌメリ物質の中に含まれています。


ラミニンの効果には、コレステロール吸収の抑制作用や、血圧降下作用などがあります。

この血圧降下作用ですが、作用は一時的なもので時間が経過すると元の血圧にすぐ戻ります。

少々のめかぶくらいではラミニンの摂取量はたかが知れていますので、一度に多く食べるよりも、毎日少しづつでも食べ続けることが良いのです。


めかぶにはアルギン酸も含まれており、メカブのラミニンとアルギン酸の相乗効果が適正な血圧を保つことに一役買うそうです。


めかぶに含まれるフコイダンもこれらとの相乗効果で、大きく生活習慣病全般に効くとも言えるほどの効果を持つので、毎日の食卓にはぜひ少しづつでも取り入れていきたい食材です。

実際には大変なことなので、サプリメントという手段もあるでしょう。

今では様々な形で販売されていますので、自分に合ったものを購入してみるのも一つの手だと思います。

このほかアミノ酸の一種であるラミニンは、海草類自身を汚れや細菌から守り、傷ついた部分を速やかに修復する作用もあります。

posted by めかぶちゃん at 10:56 | 成分と効用

めかぶの健康成分とは


めかぶには、あっと驚くような成分が含まれています。

めかぶは、わかめの生殖器(子ども)なので、わかめの栄養素や成分がギュッと濃縮されている感じがしますね?


めかぶには、ヨウドやフコイダン、フコキサンチンといった健康成分が豊富に含まれています。

メカブに含まれるヨウドは乳がんの抑制に効果が期待できることが分かっています。

そして、植物繊維の一種であるアルギン酸やフコイダンといった成分は、ナチュラルキラー細胞(NK細胞)という免疫細胞の働きを活性化させ、ガン細胞をアポトーシス(自己死)させる働きも分かってきています。


海藻で褐藻類特有の栄養素といえば、フコキサンチンです。

めかぶにはベータカロチンと共に、フコキサンチンも豊富に含まれています。

フコキサンチンはカロチノイド系で、発癌抑制効果と、アポトーシス効果を備えています。

これらの効用は単一の成分の働きではなく、ヨウドをはじめ、フコダイン、アルギン酸、フコキサンチンといったメカブに含まれる他の栄養素があってのことだとか。


また、カロリーはとても低いので、心配せずにどんどん食べられそうです。

食物繊維も豊富にふくまれるメカブは、便秘やダイエットにも少々期待できそうな気がしますね?

posted by めかぶちゃん at 08:14 | 成分と効用

めかぶに含まれるフコイダン効果


めかぶに含まれるフコイダンという物質が近年注目され始めています。


めかぶや、もずくなどといった海藻類に多く含まれるフコイダンは、健康を扱うテレビ番組などで紹介され、一躍有名にもなりました。

めかぶなどに含まれるフコイダンの効果で注目度の高いのは、ガン細胞に対する効果ではないでしょうか?


フコイダンはガン細胞に対してアポトーシス(自殺)させる効果があるという研究結果まであるのです。

このほかには生活習慣病全般(肝機能改善、血圧上昇を抑える、抗菌作用、アレルギーを抑える、コレステロールを下げる、中性脂肪を下げる、胃潰瘍の治療、便秘解消、ダイエット)に効果的があり、免疫力をも向上させるという。


このフコイダン、海藻なら何でも良いというわけではなく、たとえばメカブはワカメの一部ですが、わかめの部分よりもめかぶに非常に多く含まれているのです。

フコイダンを摂取する際、めかぶなどはそのまま食べる場合が多いのですが、熱に弱いという反面もあります。

しかし、通常の加熱調理の範囲ならば、問題ないという見方もあります。

さらに、フコイダンを抽出したサプリメントなど、分子状態にも「高分子」と「超低分子」があり、長低分子にすると吸収が良くなる反面、分子の結合が弱まって効果が下がるということもあります。


しかし、めかぶを食べることでこれらの効果効能を得られるのであれば、毎日の食卓に取り入れてみるのもいいでしょう。

posted by めかぶちゃん at 22:00 | 成分と効用

めかぶで癌治療

めかぶには様々な栄養素が詰まっています。

その中でも注目しなければならないのが、フコイダンと呼ばれる食物繊維の一種です。

フコイダンは、海藻の褐藻類に含まれる多糖類の総称で、多糖類にはキノコ類などに含まれるβ−グルカンなどいろいろなものがあります。

他の多糖類とフコイダンの大きな違いは、特有のヌメリ成分に含まれる硫酸基が34%以上と多く含まれていることです。(ちなみにオキナワモズクでは10%前後ということです)


そのフコイダンの主な働きは免疫力向上や、血糖値改善など生活習慣病の改善効果といわれています。

生活習慣病のひとつであるガンですが、メカブフコイダンは癌細胞に対してアポトーシス(自然死)を起こさせることが分かっています。


ガン細胞は表面に自己死(アポトーシス)するためのアンテナを出しているそうです、

めかぶのフコイダン成分は、そのレセプターに結合して癌細胞の自己死滅を促進させるそうです。

これをAIF(アポトーシス・インデュース・ファクター)と呼びます。


めかぶなどに含まれるフコイダンの抗ガン効果は、一般的に使用される抗ガン剤の効力をはるかに凌ぐもだそうです。
posted by めかぶちゃん at 20:33 | 成分と効用

ヨウ素(ヨード)に抗ガン作用

めかぶに含まれる有効成分の中にはガンに対抗する抗ガン成分が含まれています。

ガンの中でも乳がんは日本より欧米の方が発症率が高いようです。

欧米人の乳がん発症率は、7人に1人とも言われますが、日本人では更にその4分の1程度、つまり単純計算で約30人に1人となります。


日本人と欧米人では何が違うのでしょう?


ガンは食生活がかなり影響するようです。

欧米人より日本人がより多く食べているもののひとつに海藻類があります。

最近の研究では、海藻類に多く含まれるヨウ素がガンの発症に関係しているのでは?との報告があります。

日本人は昔から海藻類を多く食べているので(特に)乳がんの発症率が低いのです。

ヨウ素(ヨード)は甲状腺に多くあり、我々の身体には不可欠な物質です。

日本でも山岳地方では、海藻類の摂取不足(ヨウ素不足)の影響で、甲状腺の病気がよく見られたそうです。

めかぶにはヨードの他にもフコイダンと呼ばれる抗ガン作用を持つ物質も豊富に含まれます。

フコイダンとは食物繊維の一種ですが、免疫向上作用などを持つ成分です。

めかぶは栄養豊富な上に身体に必要不可欠な様々な物質を含んでいるので、是非食べたい食材のひとつと言えるでしょう。
posted by めかぶちゃん at 08:07 | 成分と効用
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。