スポンサードリンク
TOP> 効果効能

白髪にめかぶは効果あるの?


めかぶは、身体に良い食材として有名ですが、めかぶの効果のなかで、発毛、育毛、白髪対策というものまであります。


白髪は、薄毛、男性型脱毛症とともに、遺伝的な要素が強いとされている。

はっきりした原因は良く分かっていないのが現状のようです。

その中でも、白髪ができるのは色素細胞(メラノサイト)の働きが、何らかの原因で弱まったり消失したりして、髪を黒くするメラニン色素が作れなかったためと考えられているということも。


髪は毎日抜けますが自然な脱毛の後、色素細胞(メラノサイト)がスムーズに再配置されない原因は今のところ以下のような原因が有力。

 遺伝

 加齢

 生活習慣(環境)

 病気

 ストレス

この中で、生活習慣とストレスは自分で何とかできる範囲で、生活習慣の中の食生活でめかぶを食べるという解決策が選択可能です。


毛髪の主成分はケラチンで硫黄が5%程含まれます。

似たような成分を食べることで白髪を予防できると考えると、動物性たんぱく質やミネラル、ビタミンB2などが良いと思います。

その中でもミネラルとして海藻類(めかぶ)が良いのではないかと考えられます。


めかぶは、めかぶシャンプーなどのヘアケア製品が多数でていて効果も期待できるのではないでしょうか?

オススメの育毛補助食品としてもいくつかサプリメント形式で販売されています。

効果は少なくとも半年以上経過を観察しなくてはいけないような感じですが・・・。



posted by めかぶちゃん at 17:20 | 効果効能

乳がん発生率減少!


めかぶの栄養素のひとつについて注目すべきものがあるので、書いてみました。


欧米では乳がん発生率は7人にひとり程度といわれますが、日本人の場合さらにその1/4程度の低い乳ガン発症率だそうです。

ではなぜ日本人には乳がんの発生率が欧米人に比べると少ないのでしょうか?


理由のひとつには「ヨウ素」が挙げられます。

ヨウ素は人間の生命維持には欠かせない重要な物質で、人では甲状腺に多く集まっているといいます。


ヨウ素というのは海藻類に非常に多く含まれるのです。

日本人は昔から海藻類(めかぶやワカメ、もずくなど)を良く食べてきました。

島国ということもあり、めかぶなどはとても簡単に手に入れることが出来たからでしょう。

その点が幸いして欧米に比べて乳がんの発症率が低いともいわれます。

今では考えられませんが、昔、山岳地域では、めかぶなどの海藻類の摂取不足から甲状腺の病気が多く発生していたそうです。

めかぶに含まれるヨウ素は乳がんの発生を低くすると有力に考えられています。

また、めかぶはネバネバしますが、ネバネバの正体はフコイダンや、アルギン酸と呼ばれる水溶性食物繊維であったり、カルシウムなどのミネラル類も非常に豊富に含まれます。


毎日の食生活に積極的に取り入れるだけで、栄養バランスが崩れやすく食物繊維、ミネラルが不足がちになる現代食の欠点を補ってくれるという、私達にとってはピッタリの健康食品ともいえます。


また、カロリーもとても低く、食物繊維も豊富なことから、めかぶはダイエット食としても活用されていますね。

posted by めかぶちゃん at 10:01 | 効果効能

めかぶの体臭予防効果



体臭や口臭は食生活の改善によってもある程度改善効果が期待できます。


しかし、簡単に食生活を改善するのは大変ですね?

そこで、めかぶというわけです。


めかぶで体臭予防というのは有名ですね?

なぜ、めかぶで体臭が防止できるのかというと、めかぶにはフコダインとアルギン酸と呼ばれる物質が含まれますが、このフコダインとアルギン酸が臭いの原因となる体内のアンモニアなどの成分を包み込み、体外へと排出してくれる働きをする効果を持つと言われます。


更にアルギン酸には、口内の唾液を分泌促進させる効果がありますので、口臭の原因になる口内細菌の繁殖を抑制してくれるのです。

これらの相乗効果によって、体臭や口臭が抑制、予防されるのです。


メカブを食べることで体臭や口臭を予防、改善するという効果が期待できるのですが、めかぶを食べたからと言ってすぐに消臭効果が発揮されると言うのは間違い。

薬ではないので、効き目は個人差があるようですし、食べ続けることが一番重要なポイントです。


ただし、これは健康な人の場合。


身体に何か病気を持っている場合などは、疾病が原因で臭いが出ている場合もあるので、主治医に相談されたほうが良いかと思いますよ。

posted by めかぶちゃん at 18:29 | 効果効能

めかぶのアルギン酸効果

めかぶに含まれるネバネバは、天然の多糖類で正体は食物繊維です、成分名はアルギン酸やフコイダンと呼ばれます。


めかぶとは、わかめの根元(茎の下)にある肉厚のヒダ状の胞子葉のこと。

メカブは、ワカメの子供のようなものです。

そのメカブですが、わかめの葉や茎に比べて栄養が溜まっており、わかめよりも栄養豊富です。

ネバネバが、”わかめ”より”めかぶ”のほうに多いのがその証拠。


めかぶに含まれるアルギン酸には胃腸の調子を整えたり、便を柔らかくして排便を促したり、油分と塩分の吸収を抑制する効果があるといわれます。

アルギン酸に含まれるカリウムの働きが体内の塩分を吸着して血圧を下げる効果をもたらしたり、血中コレステロールの低下作用や血糖値の上昇抑制作用、ダイエット効果、便秘予防効果、大腸がんの予防、動脈硬化の予防、胆石の予防など多くの作用があると言われます。


身体にとって不要なものを排出する働きをしているので、口臭や体臭などの不快な臭いを消すことにもつながります。

便通も良くなっていくので、ダイエットの大敵の便秘の解消にも役立ちます。

作用は先に出ていたフコイダンとよく似た効果効能がありますね?

めかぶなど昆布類や、もずくやひじきなどのネバネバのヌメリ成分はこのアルギン酸を含んでいるそうです。
posted by めかぶちゃん at 22:02 | 効果効能

髪にめかぶは効くのか?

めかぶに限らず、わかめなどの昆布類を食べると、頭髪などの髪の育毛に効果があるのでは?ということは昔から言われてきていますね?


めかぶなどの昆布類を食べることによって、毛髪に対し育毛効果があるかと聞かれれば一概に効果があるとは言えないのです。

しかし、めかぶなどに含まれる成分には確かに髪の毛の育毛に効果がある成分が含まれています。

けれども、それが髪の毛に良いかというのは簡単に結びつかないだけです。


めかぶを食べ続ければ、髪の毛には良いのですが、単純にたくさん食べればよいということではなく、大切なのは適度にバランスの取れた規則正しい食事および食生活をすることです。

なんでもバランスが大切ということで、心身ともに良好な状態を保ち、髪の毛に良い環境をつくりましょうということなのです。

そのうえで、髪の毛に必要な栄養素(めかぶなどの昆布類も含まれます)を補給すれば効果が期待できるということになります。


ちなみに、髪に良い栄養素はビタミンA、ビタミンB2、ヨウ素、セレン、ケイ素、亜鉛、たんぱく質(動物性たんぱく質は、髪に必要なケラチンが豊富ですが、脂肪も多いので過剰な摂取は注意しなければいけません)といった感じですね。
posted by めかぶちゃん at 11:01 | 効果効能

めかぶの発毛効用とは

めかぶといえば、メカブ納豆やメカブ茶などで知っていますね?

めかぶという単体の海藻はなく、メカブというのはワカメの根の部分のことを言います。

ワカメは葉っぱの部分で、その根っこがメカブです。

めかぶと呼ばれる根っこの部分は、わかめの増殖司っていて(ワカメの生殖器)一つのメカブからたくさんの胞子が飛び出します。

めかぶは海のミネラルやワカメのパワーの源が凝縮されており、ワカメよりも栄養価が高いんです。


めかぶの栄養効果の主役であるヌメリ成分のフコイダンとアルギン酸がワカメよりも10倍多く含まれていて、ガンをはじめとするほとんどの生活習慣病の予防(肝臓、胃、食道、腸、心臓、血液、脳まで)に役立ちます。


めかぶを食べることによって得られる、フコイダンとアルギン酸は食物繊維の一種なので便秘の解消にも一役かいます。


また、メカブシャンプーなどから知られるように毛髪にも影響します。

フコイダンは孟母細胞を活性化し、太く元気な毛髪が生えるようになる効果を持ち、アルギン酸は親和性が高く、非常に高分子なため瞬時に髪に吸着し、髪全体に薄い皮膜状になって広がり、傷んだキューティクルを補修する効果を持つと言われます。

ほかの油分や化学合成のコーティング剤と違い、使い続けていくうちに均一なスベスベした健康な髪になるとのこと。

さらに、めかぶの消臭効果も見逃せません。

めかぶを毎日の食卓に取り入れることで、体臭や口臭を除去し、予防する効果も強力で加齢臭対策などにも用いられることもあるようです。

めかぶ最大の効能は、免疫細胞の活性化でしょう。

免疫力の向上は現代社会を生きていくうえで最大のメリットであり、健康でいられる最低条件でもあるといえませんか?
posted by めかぶちゃん at 16:43 | 効果効能

加齢臭にはメカブが効く

めかぶが加齢臭に効くということは知っている人は多いのですが、実際に「メカブ」で加齢臭を消す方法を知っている人は少ないと思います。

加齢臭は「汗」「食べ物」「体調」「内臓疾患」「環境」「ストレス」といったものが原因と言われます。

めかぶのヌメリ成分であるアルギン酸とフコイダンが体臭予防に効果があることは良く知られています。

このうち、めかぶの効果でなんとかなる加齢臭は、内的要因(汗、食べ物、体調、内臓疾患など)によるもので、食べている間は加齢臭や体臭が良くなるようですが、食べなってしばらく経つとまた匂いがしてくることもあるようです。

一般的な加齢臭対策には、体を清潔にし、お酒やタバコを控え、運動をする。
他には、ストレスを溜めないこと、つまり体の中から改善しなければならないのです。


そしてバランスの良い食事がとても大切です。

最近では体臭を抑えるサプリメントも販売されていますね?


そして口臭も加齢臭の一種です。

口臭も自分は分からなくて、周りの人だけ不快な思いをする匂いです。

めかぶのフコイダンやアルギン酸は口臭にも効果があります。

しかし、加齢臭の原因は様々なので、めかぶだけに頼るのではなく、加齢臭を抑える石鹸や、香水という手段もあります。

自分のライフスタイルに合ったものを併用していくと、より効果が得られると思います。
posted by めかぶちゃん at 21:48 | 効果効能

めかぶの発毛効果

メカブに発毛効果があるらしい・・・。

めかぶの発毛効果は今や有名な話です。

メカブシャンプーや、めかぶ育毛剤などとして、商品化されたものまでたくさんあります。


昔から、めかぶは昆布やワカメと同じ(ワカメの根元の部分です)で、元々頭髪には良いとされてきました。

近年、昆布やワカメを食べていても抜け毛、育毛、発毛には役立たない(効果を期待できない)という研究成果も発表されています。

しかし、めかぶ育毛剤にはメカブ粉末が含まれています。

めかぶの有効成分アルギン酸がキューティクルを補修し、もうひとつの成分であるフコダインが毛母細胞を活性化させるという効果を持っています。

これにより、抜け毛を防止し、育毛を促進させるという狙い。


髪の毛が薄くなってきた。
抜け毛が多くなった。
髪の毛が細くなった。
ふけが多くなり、頭皮がかゆい。

などの症状が表れ、髪が気になってきたらはじめてみると良いかも知れません。

完全に毛が無くなってハゲになってからでは遅い感じですが、中には発毛したという声もあるようですね。


メカブに含まれるフコイダンは血液をサラサラにし、アミノ酸やミネラルは代謝を促進して血行を良くしてくれます。

めかぶを摂ることにより血行が良くなったことと、メカブに含まれるアミノ酸と亜鉛により発毛効果を期待できるという仕組みです。
posted by めかぶちゃん at 22:37 | 効果効能

めかぶのダイエット効果

ダイエットに「めかぶ」という方法も以前からありますね?


めかぶダイエットはどのような方法なのでしょう?

実はメカブのネバネバは、良質な食物繊維なのです。

食物繊維をたくさん摂取することで、お腹の中をキレイにしてあげる、つまり便通をよくして、毎日溜め込んでいるといわれる宿便を対外へ出してあげようというものです。

と、同時にめかぶの有効成分が、ドロドロ血液をさらさら血液にしてくれたりと、ダイエットのための基礎を作ってくれます。

ダイエットをするにしても、めかぶを摂る前に、身体が不規則な生活習慣などで汚れていたら(ドロドロ、溜め込みなどのことを指します)効果も半減です。

半減どころか、ほとんど効果を発揮できないままでいるでしょう。

そのためにも、身体の浄化は必要なのです。


めかぶというのは、わかめの根元の部分でワカメを育てるための栄養素をたっぷりと蓄えています。

めかぶに含まれる「ヌメリ成分(フコイダン)」は食物繊維の一種ですから、毎日スッキリしたいという方にはもちろん、血液のドロドロが気になる方にも、毎日食べていただきたい食材です。

実は、血液のドロドロや便の溜め込みが、口臭や体臭の原因だと言われています。

これらをめかぶを食べることで、一掃してあげれば、ダイエットはもとより、口臭、体臭の抑制効果を期待することが出来るでしょう。
posted by めかぶちゃん at 22:02 | 効果効能

めかぶの知られざる力と効果

メカブといえば、「”ヌメヌメな緑の食べ物”で、納豆とかと一緒に食べる」程度の認知度ですね?

めかぶというのは海藻(海草)です。

中には勘違いしているかたもいらっしゃるようですが、めかぶはワカメの根元の部分です。

そして、ワカメよりも栄養が豊富に詰まっているのです。

しかし、めかぶには凄い効果があることをあまり知っている人はいないようですね?

めかぶに含まれる成分は主に、フコイダン、アルギン酸を代表格に、カルシウム、カリウム、ヨード、ビタミン、EPAなどといった優れた作用をもった栄養素がぎっしりと詰まっています。


めかぶは一般的に身体に良いとされる食品です。

その驚くほどの効果、効能が先ほど挙げた有効成分がもたらす作用で、整腸作用、コレステロール抑制作用、消臭作用、抗がん作用、抗ウィルス作用、抗酸化作用といったところです。

そして、栄養価が高い割には低カロリー(100グラムで、たったの11キロカロリー)なので、ダイエット食材としても適しています。

ダイエットをするとどうしても栄養が偏りがちになったり、不足したりしてしまうので、栄養不足を補う(栄養価を落とさない)ためには是非取り入れたい食材のひとつです。
posted by めかぶちゃん at 20:38 | 効果効能
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。